海外旅行の持ち物リスト

荷造りのチェックは入念に!

海外に旅行に行くときは、国内旅行とは違った荷物が必要になってきます。しっかり確認しておきましょう。

必需品

スーツケース

@パスポート
パスポートがなくては海外に行けません。有効期限が切れていないかどうかもしっかりチェックすることが大切です。

Aお金
現金は日本円と現地通貨の両方を準備したいものです。また、なるべく多額の現金を持ち歩かないようにするためにクレジットカードも持って行きましょう。

B航空券
海外航空券は直前予約も可能ですが、満席の場合は希望の便に乗れないこともあります。出来るだけ早めに手配した方が良いでしょう。

Cビザ
渡航先・渡航の目的・ 滞在期間などによって必要とするビザの種類が異なります。また必要のない場合もありますから、確認が必要です。

あると便利なもの

Dトラベラーズチェック(T/C)
現金代わりに使用することが出来ますが、サインがないと有効とならないため現金より安全です。おつりは現金で貰えるため、現金を増やしたい時にも役立ちます。

E衣類
下着や着替えは、できるだけ最低限に抑えるようにしましょう。渡航先によっては、肌の露出を控えた服装の方がいい地域や、フォーマルな服装でなくては入れないお店などもあるかもしれません。事前にしっかり確認しておきましょう。リゾートへ行く場合などは、水着などの準備も忘れずに。

F洗面道具
日本ではホテルに備え付けてある場合が多い洗面道具ですが、海外では無い場合があります。歯ブラシ、シャンプー、ボディーソープ、髭剃りなどは、携帯用の小さなものを準備し、あまり荷物にならないようにするといいでしょう。

女性の場合は、化粧品類や生理用品なども必要になりますが、これもできるだけ最低限に抑えましょう。

G時計、カメラ、スマホ(携帯電話)
充電器やバッテリーも忘れずに準備しましょう。また、海外で日本製品を使う場合には変圧器が必要になりますから、渡航先の電圧をよく確認してください。

Hくすり
常用している「くすり」がある人は、旅行期間中に必要な分を忘れずに携帯しましょう。「くすり」は現地でも買う事ができますが、現地の言葉が分からないと誤使用や誤飲をするおそれがあります。

そのため、「くすり」は日本から使い慣れたものを持っていく方が良いでしょう。また、日差しの強い地域に行く場合には、日焼け止めを持って行くと肌のトラブルを防げます。

Iハンカチ、ティッシュ

Jメモ帳、ペン
交通機関の運行時刻をメモしたり、買い物などのメモをするときなど、あると便利です。また現地で言葉がうまく通じなくても、筆談で伝えることができます。

K国際運転免許証
海外で車の運転をする際に必要です。
パスポートやビザ、国際運転免許証など、新しく取得する場合には時間がかかるものもあります。
事前にしっかり準備し、余裕を持って旅行に出かけたいものですね。