海外トラブルの対処法

事前に対処方法を確認しよう

悩み

せっかく行った海外旅行先で、トラブルにあうことも考えられます。

いざというときに困らないように、事前に対処法について確認しておきましょう。

紛失や盗難

・パスポート
パスポートがないと帰国できません。すぐに現地の警察に届け出ましょう。紛失・盗難証明書をもらい、日本領事館または大使館に届け出ましょう。パスポートの再発行には時間がかかる場合があります。帰国がせまっている場合には、帰国のための渡航書を貰うことになります。

・現金
残念ながら現金はまず戻ってこないと考えましょう。保険に入っていたとしても、現金は補償の対象外になっています。日本領事館や大使館で、お金を貸してくれる場合もあるようです。

・トラベラーズチェック
すぐに発行会社に連絡をしましょう。万が一の時のために、購入時の控えを保管し、使用時の金額と番号をメモしておくといいでしょう。

・クレジットカード
すぐにカード会社に連絡し、使用ができないように手続きをしましょう。そのままにしておくと悪用されるおそれがあります。警察に届け出て、証明書をもらっておきましょう。

病気になったら…

無理をせずに病院に行きましょう。添乗員付きのツアーの場合には添乗員が、そうでない場合にはホテルのフロントに連絡をして、信頼できる病院を紹介してもらいましょう。

海外旅行の傷害保険に加入している場合には、病院で診断書をもらっておくと、後日保険会社に請求することが出来ます。
財布やパスポート、カード類をまとめて一つのカバンに入れておくと、紛失・盗難の場合には全てなくなってしまうことになります。できるだけ一カ所にまとめず、分けて保管しておくことをオススメします。

以上のことに気をつけて、楽しい海外旅行にしましょう。