パスポートの取得方法

海外の旅に旅券は必須

日本のパスポート

海外旅行に行くためには、パスポート(旅券)が必ず必要です。

これは出国する人全ての人に必要ですから、例え生まれて間もない赤ちゃんでもパスポートは用意しなくてはなりません。

ここでは、パスポートの取得方法についてご紹介しましょう。

まずは知っておきましょう、パスポートの有効期限

パスポートには有効期限がある…ということをご存じですか?一度取得すると10年間有効なものと、5年間有効なものとの2種類あります。

海外にはほとんど行かない…という人は、期限が5年間の方がいいでしょう。20歳未満の場合も5年間のパスポートしか取得できません。

費用は、10年間有効のパスポートは16000円、5年間の場合は11000円、12歳未満の子どもが取得する場合は6000円かかります。

必要書類

申請は、自分が住民票を登録している各都道府県の窓口で申請します。申請してから受け取りまでには日数がかかりますから、早めに申請しましょう。

@戸籍謄本か抄本1通
市町村役場で取得できます。

A写真 45o×35oサイズ1枚
無帽で無背景、申請の6ヶ月以内に撮影した写真に限ります。写真の裏には、申請する人の名前を記入しておきましょう。

B身分を証明するもの
顔写真が入っているもの(運転免許証)なら1種類、そうでない証明書の場合は2種類用意してください。

Cパスポート(持っている場合)
期限が切れている場合でも持参してください。

Dパスポート申請書(一般旅券発給申請書)
申請する際に窓口でもらえます。この書類には、申請する人が20歳未満の場合は、親権者や後見人が記入する欄があります。20未満の方は、記入用紙を一度持ち帰るか、申請の際に親などに一緒に窓口まで来てもらうと良いでしょう。

手続きを全て終えると、後日パスポートを受け取る際に必要となる受領書が発行されます。ちなみに申請時にはお金はかかりません。

パスポートの受け取り

申請から約1週間程度で、パスポートを受け取ることが出来ます。窓口の近くで収入印紙を購入し、申請時にもらった受領書を提出してください。