TSAロックとは?

米国旅行の際に

TSAロックのスーツケース

TSAロックとは米国運輸保安局TSA(Transportation Security Adminiatration)で認可されているロック(鍵)のことです。

アメリカに旅行する際には、このTSAロックの付いたスーツケースやベルトを使用すると良いでしょう。

ここでは、TSAロック付きがオススメな理由について、少しご説明をしましょう。

アメリカでの荷物検査の実態

アメリカではすべての空港で厳重な荷物検査をしており、それは同時多発テロ以降はとくに厳しくなっています。

空港で荷物を預ける場合には、すべての荷物がTSA職員に検査されます。その際、荷物には鍵をかけないように指示されます。もしも鍵がかかっている場合には、職員の手によって鍵を切断・破壊されてしまう場合があるのです。

これにより荷物の中身が紛失・破壊されても、TSAは一切責任を問われないことになっているのです。

預けた荷物に、ロックを壊されたり中身を紛失したりする可能性があるというのは不安ですよね。だからといって、荷物に鍵をかけないのも不安…そんな時にTSAロックが便利なのです。

TSAロックのかかった荷物の場合

TSAロックに限り、荷物を預ける際に使用が認められています。荷物の検査は免れませんが、TSA認可のTSAロックの場合は、TSA職員がロックの解錠と施錠をしてくれます。

つまり、荷物検査時にロックを特殊な鍵で開け、中身を検査した後で、再び施錠してくれるというわけです。この場合、荷物検査の時以外は荷物に鍵をかけておくことが出来るため、安心して荷物を預けることができます。

TSAロックが付いているスーツケースの他、荷物にベルトを付けることでロックが可能なTSAロック付きのベルトなどがあります。アメリカに旅行をする際には、このTSAロック付きのスーツケースか、ベルトの使用を検討すると良いでしょう。